HIMOROGI

【HIMOROGI】高橋晋平さんの応援ソング『ムゲン』を投稿しました!

『ムゲン』MVのアイキャッチ画像

『ムゲン』/ HIMOROGI MV

『ムゲン』歌詞

『ムゲン』
作詞作曲:日景健貴

孤独は怖くない
5秒で慣れてしまう
潰れても元通り
僕の世界はムゲン

まるで子どもが描く絵だ
マメができるほど 夢中で筆を走らせる

先は見えなくていい
この手は必ず届くから

ひっくり返しても 浮き上がる泡のような
必然の閃き 割って分けたら 輪が広がる

オバケも怖くない
邪魔するものもない
アイディアも思い通り
僕の世界はムゲン
声は届かなくていい
ハートは必ず届くから

ひっくり返しても 沈まない泡のような
ヒーローの心 届けられたら 輪が広がる

透明になったり ガムの味が消えなかったり
第六感もフル稼働 まだまだ楽しめそう

ひっくり返しても 浮き上がる泡のような
必然の閃き 割って分けたら
ひっくり返っても 湧き上がる 愛を持って
無限大の煌めき 届けられたら 輪が広がる

ラララ ラララ……

『ムゲン』参加メンバー

Music:日景健貴
https://lit.link/KenkiHikage

Movie:けたろう
https://twitter.com/ketaro04

Vocal & Chorus:小田桐武瑠
https://twitter.com/himorogi_t_bjj

Vocal & Chorus:Sara
https://twitter.com/sara_39_15

Vocal & Chorus:かふぇ
Vocal & Chorus:おやじ
Vocal & Chorus:やぶさかな鉱山
Vocal & Chorus:ふぐ丸貝吾郎
Vocal & Chorus:ほむら

おやじ
おやじ
「ふぐ丸貝吾郎」と「やぶさかな鉱山」という訳わかんねぇやつらいてオモロかったです
ほむら
ほむら
それwwwwwww
けんき
けんき
本人たちが忘れていないか心配だったけどそのままでw
やぶさかな鉱山
やぶさかな鉱山
そういえばそんな名前だった。思い出しました。
ふぐ丸貝吾郎
ふぐ丸貝吾郎
忘れてました^ – ^

おもちゃ開発者 高橋晋平さんの応援ソング

『ムゲン』は、おもちゃ開発者、高橋晋平さん公認の応援ソングです。

高橋さんは、数多くのおもちゃの企画開発・マーケティングに携わり、「∞にできるシリーズ」では、第1回日本おもちゃ大賞(トレンディー部門)を受賞しています。そして、私と同じく秋田県出身です。親近感。

高橋さんとは、2018年に開催された講演会で初めてお会いしました。その際に、「YouTubeへ投稿する音楽を作るとき、何を掛け算すれば面白いと思いますか?」という質問をし、「一般の人が作詞に一部だけでも参加できたら“愛着”が湧く」というアドバイスをいただきました。

多くの人が共感して聴いてくれるものは「恋愛」や「家族」について歌った楽曲ですが、”愛着”を極限まで大きくする方法を考えた結果、「個人のイメージソング」を作ろうという発想に辿り着き、高橋晋平さんの応援ソングを作ることに至りました。

個人のイメージソング・応援ソングの活用

CMでよく聴く音楽は記憶に残りやすく、企業や商品の印象を決める効果が期待できます。

他にも、ドラゴンクエストというゲームの『序曲』には、聴くだけで大冒険を予感させたり、一度クリアした人に勇者だった少年時代を思い出させたりする力があり、これもまた、ゲームの印象を決める役割を担っています。

そこで、企業やゲームなどの大きな単位だけでなく、ある音楽を聴くと特定の個人を想起させるような使い道があると面白いかも、と考えました。

以前関ジャムで、江﨑文武さんが「“自画像”は書いたことがあるのに、”自分の音楽”を作ったことがある人はなかなかいない」とおっしゃっていたのが印象に残っています。

ミュージシャンは、自身のエピソードを元に制作した作品が”自分の音楽”と言えると思いますが、それ以外の人はやはり”自分の音楽”を持っていないと思います。

他人の記憶に強く残るほどの存在感を出したり、印象をコントロールしたりするために自分のイメージソングを作るという選択肢はいかがでしょう。
「波乱万丈の人生を表現したイメージソングが欲しいけど、作曲なんてできないよぅ」という方は、私に相談してください(宣伝)。 元カノのイメージソングが忘れられない、嫌いな上司のイメージソングを聴くとイライラするという未来は少し怖いな……

少し脱線しましたが、『ムゲン』を聴くと高橋晋平さんのことが思い浮かぶくらい、多くの方に聴いてもらえたら嬉しい限りです。そして、高橋さんご本人には、ぜひとも講演会の登降時やイベント出演の際に『ムゲン』を流していただきたいですね。

『ムゲン』の歌詞とサウンドはおもちゃをイメージ

最初は自分一人の歌声で完成させましたが、応援ソングとして活気が出るように、計8名で歌いました。とても可愛らしいアニメーションも描いてもらい、ますます愛着が湧きました。

歌詞とサウンドは、高橋晋平さんが開発されたユニークなおもちゃをイメージしています。

荷物を梱包するときに使うプチプチを潰したときの感触を繰り返し味わえる「∞(むげん)プチプチ」や、何度でも出したり引っ込めたりできる「∞(むげん)エダマメ」というおもちゃから、『ムゲン』という曲名の着想を得ました。よく聴くと潰れるような音が鳴っていることにも気がつくかと思います。

  • 5秒で → 5秒スタジアム
  • 絵だ マメが → ∞エダマメ
  • ひっくり返しても 浮き上がる泡のような → 気泡わり専用アラビックヤマト

などなど、他にもあるので見つけてみてください。

タイトルや歌詞のレイアウトはおかあさんといっしょ風。気づいたかな。内緒ね。

編集後記

前回投稿した『プチケーキ』は、可愛いと見せかけて、途中で展開ががらりと変わりましたが、『ムゲン』は全編可愛い楽曲なので安心してお聴きいただけます。

そういえば、1年前に投稿したオリジナル曲『JIU』の再生数が1000回を超えました。
ありがとうございます。オリジナル曲をたくさん聴いてもらえると、とても励みになります。

オリジナル曲『JIU』のYouTubeでの再生数が1000回に達したときのスクリーンショット
アルバム 販売開始!

配信限定アルバムのCD化にあわせて、ネットショップ「HIMOROGI STORE」をオープンしました。日景健貴 1stアルバム『美的情操』と2ndアルバム『Localize』を販売中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。